脱毛をしてはいけないとき

誰でも気軽に脱毛の施術を受けられるようになった今、あまり知識がない中で契約をして施術を受け、後になって肌トラブルを引き起こしてしまったというケースは少なくありません。


事前のカウンセリングで注意事項をよく聞いたり、脱毛でのトラブルを回避するための自己ケアをしっかり知っておくことが大切です。

そもそも脱毛の施術では、光や熱を肌に照射するため、肌へ負担がかかるものなのです。


風邪を引いていたり熱があるときはコンディションが悪いため、肌に負担がかかるようなことは避けるべきです。
体調が悪くなくても、女性特有の生理中や妊娠中、授乳中も肌が非常に敏感な状態になっているため、施術は避けたほうが良いでしょう。
個人差はありますが、このようなときに施術をしたことで赤く腫れたり痛みを強く感じたりすることがあり、肌を傷つけてしまいます。



また、傷やニキビ、吹き出物がある部分は照射することができません。

施術を受ける部位にこうした傷などが多い場合は、良い状態になるまで待つべきです。

特に最近では顔脱毛が徐々に人気が出てきていますが、ニキビや吹き出物などが出やすい部位でもあるため、施術の前に自分の肌状態をよく知っておくことが大切です。



このように、体調や肌の状態によって脱毛のケアを受けられないときがあるため、契約前に知って納得しておくことで、後々トラブルを防ぐことができます。事前知識を備えることで、理想の素肌を目指しましょう。